未来への夢、小山にて

開会 

 『平成の大工棟梁検定』は今年全国で13回の開催を予定しています。その8回目の開催が小山市の関東職業能力開発大学校にて行われました。

座学講習 技術検定

 午前中は座学講習と検定試験、午後は実技検定が行われました。参加者は茨城県と栃木県から5名でした。検定員は座学講習担当がお一人、実技検定員は4人で北は青森県から南は福岡県と各地からお集まり頂きました。

 未来に技術と心を伝える一つの方法としてのこの検定。今後の進化が楽しみです。この検定、裏方でお手伝いさせて頂きました。準備から片付けまでとても多くの気づきを頂きました。詳しくは明日から少し書かせて頂きます。こうご期待!